カードローンの限度額で復活するケースについて

カードローン 限度額

カードローンの限度額は、ぎりぎりまで借入している場合は借りている分を返済していくことで、限度額以内なら再度利用することは可能です。

また、自分から限度額の減額を申請していた場合は、今度は増額の申請をすることで復活させることも可能です。

申請のときには審査がありますが、何の問題がなければ通る可能性は高いです。

ただ、カードローン会社側から減額された場合は、かなり難しいです。

この場合は、返済の延滞や返済不履行などが原因で、復活させるには延滞している返済を全て完済させなければなりません。

また、例え返済を全て終えたとしても直ぐに元の限度額に戻るわけではなく、その後も延滞などがなくきちんと返済を行っていき再び会社の信頼を得る必要があります。

全て返済を終えて、更にその後も返済の延滞などがなければ、カードローン会社の信頼もまた戻ってくるので、減額された限度額も戻ってきます。

ただ、復活したからといって無理な借入を行っていると、再び減額される可能性は高くなるので、返済に延滞が出ない範囲で利用するようにした方がよいでしょう。

カードローン比較

総合ランキング
▼詳細はこちら▼
カードローンランキング


銀行カードローン
▼銀行カードローン詳細はこちら▼
カードローン 銀行 比較


無利息キャッシング▼
▼無利息キャッシングの詳細はこちら▼
カードローン 無利息 比較


女性ランキング▼
▼女性ランキングの詳細はこちら▼
カードローン 女性 比較


キャッシングの限度額が引き下げするケースとは

キャッシングを利用していると、貸し手も借り手も限度額を上げる方が双方の思惑が一致するので、どうすれば上げる事が出来るのかを考えがちですが、では、限度額を引き下げるということはあるのでしょうか。

まず借り手側の方ですが、方法自体はいたって簡単で、借りている金融会社に電話で連絡すれば済みます。貸し手側としては、引き下げによって収入が減るという面はありますが、貸し倒れリスクが減るので、審査などは何もなくすぐに応じてもらえます。

引き下げる理由としては、キャッシングの利用枠を減らして自制するという点と、万が一紛失や盗難にあった場合に損害を最小限に抑えることが出来るという点があります。

特にデメリットはありませんが、再び元のキャッシングの限度額まで戻したいと思った場合は電話ではなく、書類を提出して再審査になるという点は留意しておくべきです。次に貸し手側の方ですが、借り手に問題がある場合は限度額を引き下げる可能性があります。

遅延延滞を繰り返した場合や他社での借り入れ、特に借り入れ先が増加した場合などは信用度を落とす本となるので、気をつける必要があります。

カードローン比較

▲ページトップに戻る